イングリッシュコッカースパニエルとアメリカンコッカースパニエル

イングリッシュコッカースパニエルとアメリカンコッカースパニエルの飼い方,歴史,違い,手入れ法,性格について。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルとアメリカン・コッカー・スパニエル

コッカーという犬の種類をご存知ですか。コッカーにはイングリッシュ・コッカー・スパニエルと、アメリカン・コッカー・スパニエルの2種類あります。

コッカーという犬について

コッカーとは山カモという意味です。コッカーという犬種は、その名の通り、山カモのカリで大活躍した犬種です。コッカーは、獲物を探し出し、脅かして飛び立たせたりするのが大きな役目でした。さらに、仕留めた獲物を主人のところに持ってくるのにもとても活躍した犬です。 コッカーは、狩猟犬に適しているとされるスパニエル属の中でも最も小さい犬種として知られています。コッカーの中でも、アメリカン・コッカーは体高40㎝に満たない大きさですので、かなり小さいサイズと言えます。

イングリッシュ・コッカー

イングリッシュ・コッカーとアメリカン・コッカーでは、イングリッシュ・コッカーの方が古くからの歴史があります。イングリッシュ・コッカーの元になったスペイン原産の品種は14世紀に、スペインからイギリスに伝わったと言われています。

アメリカン・コッカーの誕生

その後、イングリッシュ・コッカーは、なんと歴史上とても有名なピルグリム・ファーザーズのメイフラワー号とともに1620年にアメリカに渡り、その後品種改良が行われ、アメリカン・コッカーは生まれました。

アメリカン・コッカーとイングリッシュ・コッカーは同じ種類として扱われてきました

アメリカン・コッカーとイングリッシュ・コッカーは長い間同じ犬種として扱われてきました。この二つが別の犬種として認定されたのは1935年になってからです。

アメリカン・コッカーとイングリッシュ・コッカーの相違点

アメリカン・コッカーとイングリッシュ・コッカーについては、今でも犬種としては大雑把には、コッカーとしてまとめられていますが、アメリカン・コッカーとイングリッシュ・コッカーとの間には違うところが沢山あります。まず体の大きさですが、アメリカンの方が一回り小さいです。さらに、アメリカンは、口吻が短いという点も相違点として挙げられます。
逆に犬の毛並みについては、アメリカン・コッカーが長く、量も多い傾向があります。また、イングリッシュ・コッカーの毛はウェーブかがっています。一方、アメリカン・コッカーはウェーブのほかにストレートのタイプもいます。
アメリカン・コッカーについては、昔から狩猟犬としてよりもペット用として人気がありました。

コッカーの特色

コッカーの犬種としての特色は、一番にその人なつっこさがあげられます。アメリカン・コッカーは「メリー(陽気な)・コッカー」と呼ばれることもあるほどです。とても陽気で、従順な性格をしています。また、感受性もとても豊か、好奇心も強く、積極性がありますので、あらゆる環境に対して順応することができる適応力は豊富です。 一方のイングリッシュ・コッカーの方は狩猟犬としての性格がいまだに残っていますので、忠実で献身的という特色を持っています。 コッカーは、顔立ちがかわいらしく、被毛もかわいいですので、ペットとして愛玩するのには、とてもいい犬と呼ばれています。 コッカーを飼っていく場合に、注意することは、しっかりと運動が必要なことです。そのため、広い場所で走り回らせたり、一緒に遊んだり、長い時間の散歩などをしてゆく必要があります。 また、被毛がふさふさしていますので、その管理も重要です。2~3日に一回はブラッシングが必要とされています。さらに、1ヵ月に一回位カットする必要もあります。また、耳も、汚れが付いてしまいやすいので、清潔を維持してあげる必要があります。 コッカーは、人懐こく、扱いやすい性格をしてとてもいいところもありますが、世話に手間がかかると思われています。しかし、犬が好きな方は、犬の世話を厭いませんので、犬の種類コッカーは非常にかわいいペットとなるのではないでしょうか。